めがね博物館

HOME  >   めがね博物館

創業者が世界中から収集した
「めがねのコレクション」

メガネの発祥

1280年から1300年にイタリアで硝子研磨が発達し、文字や模様を拡大して見ることができる道具としてメガネが誕生したと伝えられています。最初修道僧や学者などごく一部の人たちが使っていたメガネは、印刷術の発明により出版物が多くなるに伴い実用品として広く使われ始めました。また、社交界の小道具としてのファッション性、探検家の携帯品としての精密が加わっていきました。 村井コレクションは、ヨーロッパとアジアのアンティークメガネに加え、江戸期から明治、大正昭和に造られた福井産のメガネを大切に保管しています。

歴史が見える
時代の「見える」を集めました

手に持って使ったメガネが耳に掛けられるのに何年かかったかな、冒険家達が旅先で使うために造った眼鏡、子供用サングラスは、お江戸のおじさんのアイデア眼鏡、インド洋を往復して造られた双眼鏡、貴婦人のイタズラ小道具、究極のシンプル眼鏡など・・・・お洒落なデザインを楽しんでください。
オープン
10:00~18:00
閉館日
火曜日
入館料
無料

SHOP店舗案内

  • 村井メガネ本店

    福井県福井市大手3-1-13 大手門ビル1F
    TEL:0776-22-0743
    FAX:0776-22-7647
    営業時間 10:00〜19:00
    定休日:火曜 MAP
  • 村井メガネ西武店

    福井県福井市中央1-8-1 福井西武メガネサロン 5F
    TEL:0776-28-8457
    営業時間 10:00~19:30 MAP